仕事で出会ったお客さんの中に、自己愛性人格障害の方がいました。
色々勉強をしながら、対応していく日々のブログです。
ほぼ愚痴にかたよってしまいそうです。

2013年01月13日

自己愛性人格障害、自己愛性パーソナリティ障害の客の対処法について考える1

あけましておめでとうございます。
2013年も明けて日が経つのですが、ご挨拶をさせてください。

私がこのブログを書き始めた理由の一つに、
スミス店長が受けている心を壊されるようなクレームの数々は
一般的に起こっていることなのかを
知りたかったということがあります。

自己愛性人格障害(自己愛性パーソナリティ障害)について
まだまだ一般的ではなく、
ネット上でも、被害者の方・体験された方は
自己愛性人格障害の人を夫として持つ妻、という情報ばかりでした。

しかしこのブログを始めてみて、検索されこのブログにいらっしゃる方々を見ると、
理不尽な客に困っている方は、確実にいらっしゃるようです。


様々な本や体験談を読んでみて感じたことは、
『自己愛性人格障害の人は、自分より立場の弱い人間にしか強く言わない』ということです。

それが妻と言う立場であったり、恋人であったり、店という立場なのです。
部下という立場で被害に会っている方もいらっしゃいます。

この「自分より立場の弱い人間」というのがポイントです。


自己愛性人格障害の人は、最初の印象が良かったりするのですが、
これはまだ、のちのち被害を受けることになる人は、立場が弱くないからなのです。

ですがある日突然、人格が変わったかのように
罵倒、暴言、脅迫、批判、人格否定、場合によっては暴力振るわれたりされてしまうのです。
スミス店長もそうでした。

自己愛性人格障害の人の本性が出るタイミングとしては、
・恩をそれなりに売ったつもりで、相手がもう自分に逆らえないだろうと思った時
(金品をプレゼントした、お金を貸している・払ってやった、助けてやった)
・自分よりも才能がない、能力がないと思った時
(失敗続きを見た、弱みを握った、社会的地位がないことを知った、
わざと出来ないことを吹っかけて失敗をすり込み相手の自信を奪った)
・付き合いが長くなったり、深くなったり相手が自分を突き放すことがないと思った時
(結婚をした、常連になった)

しかしこの場合、店と客の立場ならどうやっても恩を売ったつもりになられ、
お金を払われ、常連になっていきます。


ではどうやって自己愛性人格障害の客に対応をするか。

どこを探しても「付き合いをやめる」
これが一番の解決方法であり、対策のように書かれています。
この対処法ができることなら、やってしまえばいいのですが、
簡単に「あんた入店禁止ね」なんて言えないよ、というお店の方が多いのではないでしょうか。

これは自己愛性人格障害の人(客)のずるがしこさを知っている人なら
余計にそう思うと感じます。

あの人たちは、周りやあなたに「俺は店の常連」
「昔から応援している」「ひいきにしている、いつも目をかけている」
「店にはいくらお金を落したかわからない」
「自分は店長(オーナー、従業員)の人間性に惚れた」などど、
まるで店のことを考えている優しいファンのように言っているはずです。

周りはその上っつらの発言や態度を信じて「○○さんはいいお客さんですね」
「○○さんみたいなお客さんがいたら、安心ですね」と言うのです。

そんな人に対して「あなた人格否定するから、来なくていいです」なんて
店側からお断りしようものなら、
一気に周りの人間から「恩知らずなひどい店(人)だ」と責め立てられたり、
「○○さんはそんなことをする人じゃない」と非難されたり、
「○○さんの人格を否定するなんて」と
なぜか加害者と被害者が入れ替わったような話が流布され、
「こんないいお客さんを手放すなんて考え直せ」となんとか仲を取り持とうとされたり、
散々な目に合うのが、目に見えていませんか?
(スミス店長がそうでした)

こんな客との付き合いは、ある日ぱったりと切れるのがいいのですがそうはいきません。
残念ながら、店としても少なからずの恩はあるかもしれませんしね。
(そのあなたの感じてる恩が、相手からすれば作戦なのです)
そして相手は、驚くほど話が通じません。
まず絶対に自分は悪くないのを譲らないので、まあ通じませんよね。

ではどうしましょう。ここでスミス店長もみなさん悩んでいます。
次の記事で具体的な対処法を書いてみようと思います。
posted by ケイト at 15:02| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
具体的な対処法、楽しみにしてますね。
Posted by S at 2013年02月19日 19:24
対処法の続き…!
少しでも情報を知りたいのでよろしくお願いします。
Posted by ナナ at 2013年05月20日 00:53
Sさま
コメントありがとうございます。
期待に添える内容かわかりませんが、少しでもお力になればと思います。


ナナさま
コメントありがとうございます。正解かどうかはわかりませんが、少しでも情報として提供できればと思います。



時間も経ちましたので、みなさんが解放されていることを祈ります。
Posted by ケイト at 2013年08月15日 13:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。